雨漏り修理ナビ

  • TOP
  • 雨漏り修理ナビ 学ぼう!修理に失敗しないために

学ぼう!修理に失敗しないために

学ぼう!修理に失敗しないために

修理の工事費用を支払うのはお客様です。業者から見積もりや調査書など、難しい言葉で説明されても、理解しにくく、わからないからといって業者を信用し任せていませんか?
その結果、修理をしたのに、直っていないなんて事態に・・・。
なぜこんなことになるのでしょうか?

【たとえば・・・●対処についての知識が少ない】

●対処についての知識が少ない
原因を言い当てることは簡単ではないと言われています。
しかし、実際に原因を見つけることは難しいのでしょうか?
原因を見つけ出すためには、建物の構造を知っておかないといけません。浸水はどこからで、室内にはどこから入ってきたのかを、見つけ出すためには建物構造知識が必要なります。構造に関する知識がないと、的を外した診断になってしまいます。
●散水の試験を信じ切っている。
原因箇所を調べる際に、原因と思われる箇所にホースで水をかける"散水試験"を行っても漏水しなかった、なんてことがあります。逆に散水試験で漏水したからこの箇所だと思って修理しても、後日またなんてことがあります。
住宅は100%雨漏りしない作りではないので、水をむやみにかけるとどこから水が入ってしまうことがあります。それを原因だと信じ切って修理を行うと、止まらないなんてことになります。

【例えば・・・●雨水が浸入するところを修理することしか考えていない】

●雨水が浸入するところを修理することしか考えていない
防ぐ考え方としては、まず雨水が浸入するところを無くして、次に侵入したとしても出ていくところを作るということです。このような二重の対策が防ぐ、考え方です。
しかし、多くの業者が雨水の侵入箇所を無くす修理が、止めることだと勘違いしています。もし、雨水の侵入箇所が一つではなかった場合は、雨水が出ていくところがしっかりしていなければ、止まらないでしょう。
修理に失敗するワケがご理解いただけましたか?
業者を選ぶ際のポイントとして、ご参考ください。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ