雨漏り修理ナビ

  • TOP
  • 雨漏り修理ナビ シーリング劣化と因果関係について

シーリング劣化と因果関係について

シーリング劣化について

原因の一つにサイディングの外壁に必ず行われているシーリングの劣化があげられます。
築数年ほどの住宅に住まれている方から「①台風の時だけ雨漏りがする」「②強風になると建物が揺れる」という相談をうけたことがあります。

キーワード「サイディング」

その住宅の外壁はサイディングでしたが、最初に原因を特定するために外観を調べました。
サイディングの割れやシーリングの劣化などから隙間が生まれ、そのような隙間から雨水が入ってきやすいので、サイディングの割れや、シーリングの劣化を調べました。
その次に雨水の侵入箇所を特定するために、雨水が入りそうな箇所にホースで水をかけていきます。
しかし、雨漏りというのは、絶対に水が垂れてきた箇所の付近から雨水が入ってきているとは限りません。遠くのところで漏水したものが、柱などを伝わって、他の場所でなるケースもよくあります。
そのため、雨水が入りそうなところを広範囲に勢いよく水をかけましたが、どこからも水は漏れてきませんでした。
原因箇所が特定できないと、思いながら調査を進めていると、構造体に違反の工事があり、耐久性の基準を満たしていないという問題がでてきました。

恐怖の「ブヨブヨ」

そして外壁をはがしてみるとサイディング外壁のどこからか、雨水が入ってきていたようで、通期用の胴縁が腐っていました。さらには防水シートの裏まで水が回っていたようで、建物の構造体まで腐らせていました。
防水シートの裏の雨水が入り込んだ一階の柱は上から下まで腐り始めていました。柱の被害がひどい部分では、暑さ3㎝くらいまで、「ブヨブヨ」としている状態でした。はがしてみなければ絶対にわからなかったことです。
違反の工事が発覚したからこそ外壁をはがすことになったのですが、台風のときだけでは外壁をはがすようなことにはならなかったでしょう。
このときの雨水の侵入経路としては、シーリングの劣化によって起こったものだと考えられます。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ