雨漏り修理ナビ

  • TOP
  • 雨漏り修理ナビ なぜ、漏れてくるの?

なぜ、漏れてくるの?

なぜ、おきるの?

トラブルが増加してる理由についてご説明します。

ある大工の棟梁の話

昔は、日本の家を大工さんが建てていました。現在でも大工さんはいますし、現代での家は大工さんが建てています。しかし、大工さんの仕事の役割や範囲が、今と昔とでは大きく変化してきました。
昔の家を建てるときは、大工さんが中心となって家を建てていました。大工の棟梁は、頭の中に家づくりに関する知識がすべて入っていました。そして棟梁が家づくりを進める中で、瓦屋さんや左官屋が、一部の役割を果たしていました。もちろん棟梁は瓦や左官のことも熟知していました。いざとなったら業者に代わって、棟梁がやることもできます。

つまり、昔の大工の棟梁は・・・

つまり、昔の大工の棟梁は、家づくりに関して隅から隅まで理解し、そのうえで他の職人さんに指示を出していたのです。
しかし今の家づくりでは、大工さんが行う役割は狭い範囲のものになっています。もちろん家づくりの中心は大工さんですが、家づくりは大きく変化しました。現代の家には新しい技術や素材、複雑な電気機器、水回り製品が使われています。それぞれに専門家が存在し、専門家にしかわからないような高度な技術が必要とされています。基礎屋さん、瓦屋さん、板金屋さん、左官屋さん、内装屋さん、畳屋さん、サイディング屋さんなどなど、数多くの専門業者が家を建てるために協力しています。大工の棟梁がすべての知識や技術を身につけるのが不可能に近いのが現実です。
現代の家づくりにおいて大工の棟梁は現場監督となっています。現場監督として全ての工事を把握し、それらに必要な業者を管理することが現代の大工の棟梁の役割になっています。そしてバブル期の建築ラッシュにおいて、次の世代を担う現場監督の育成ができず、現在に至ってしまいました。
経験の少ない現場監督、現場での知識が不足している現場監督が増えてしまったために、昔より技術は進歩してきましたが、雨漏りのトラブルが増えているという状況になってしまいました。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ