雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ ベランダ防水

ベランダ防水

最近の木造住宅のベランダ防水は、FRP防水が主流になっています。FRPとは繊維強化プラスチックの略で、プラスチックの中にガラス繊維などの繊維を入れ、強度を向上させた複合素材で、強靭性と弾力性に非常に優れています。その水密性の高さから、ボートや浄化槽、バスタブなどに多く使用されています。硬度、耐衝撃性、耐摩耗性が非常に高さからベランダ防水にも多く使用されるようになってきました。FRPでのベランダ防水新設工事の行程は、簡単に言うと以下のようになります。①概設防水層を撤去し、②下地調整をします。この時、表面、角、目地、クラック処理をし、段差をなくし滑らかな表面にします。③プライマー塗布。これは防水層を密着させる接着剤のような役割をします。④下塗りとして、ポリエステル樹脂を塗布します。⑤FRPライニングを行います。ここがベランダ防水の重要な防水層になります。ガラス繊維マットにハケやローラーでポリエステル樹脂を染み込ませ定着させます。⑥⑤の作業で出来た出っ張りなど余分な部分を削り落とし、成形処理します。⑦紫外線や摩耗に強い樹脂をトップコートとして塗ります。FRPは紫外線が大敵なので、ベランダ防水工事においてこの作業も非常に重要になります。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ