雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 雨漏りする瓦

雨漏りする瓦

家の屋根に使用されているものは粘土を高温で焼き上げたものですが、様々な工法製法により多くの種類が存在します。
色々な色の種類があるのは、焼く前に表面に薬を塗って焼きあげているからです。燻化瓦は、焼きいれた後に燻し、落ち着いたグレーの色を出しています。定期的にメンテナンスをすれば、1000年もつと言われているものですが、現状、1000年も待たずして雨漏りし、瓦を葺き替えすることが殆どです。
雨漏りする瓦は、既に屋根からくずれていたり、欠けていたりすることが多くあります。また、石などが飛んできて割れてしまっていたり、間の粘着部分がはがれてしまっている場合も多くあります。台風の多い地域などでは、突風により波打ち、ずれたりすることが原因で雨漏りを瓦からすることがあります。一部崩れていたり、欠けていたりする場合は点検修理で済みますが、割れていたりずれていたりする場合は、雨漏りする瓦の部分だけ葺き替えが必要になってきます。また、家を建てた際に重なる部分にコーキング処理を施し、雨水が入り込んでもすき間から流れです仕組みになっているはずですが、この処理がしっかりされていないと雨漏りし、瓦の下にある野地板が腐敗してしまいます。これも、部分的に葺き替えが必要です。
築年数が非常に古い家の雨漏りは、瓦が既に老朽化している恐れがあります。長年雨水や風にさらされていますので、割れや腐食などの不具合が沢山引きおこっている恐れがあります。この部分はしっかりと点検をし、必要があれば葺き替えと下地処理も行う必要が出てきます。雨漏りする瓦の修理は、状態によって修理の方法も異なってきますので、業者に頼んだ方が良いでしょう。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ