雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 雨漏り瓦

雨漏り瓦

家を新築して、屋根からほんの少しだけ浸水して、年数を重ねて徐々に浸水がひどくなって、15年20年後に雨漏りをした瓦を発見されるということが一番怖いと言われてます。家を建てるときの現場監督が「設計士」か「施工管理士」の住宅メーカーを選ぶことが大切になります。もともと水の浸入や風などからの保護のような意味で屋根にあるものです。大雨などで進入した水を隙間から排水する構造で作られているので、雨漏りした瓦を接着剤で止めるというのは無理な話のようです。接着剤などで補強できるのはズレなどでする補修方法にしかすぎないようです。雨漏りした瓦はそう簡単には直らないことが多いようです。手入れもせずに放置してしまうと台風や突風などで飛ばされそうになったり、ずれたりします。さらに雨漏りが瓦のあたりからしてくるということになります。屋根をきれいに保つためには2年から3年に1度は点検か修理をすることが重要になります。雨漏りする瓦を放置していると構造体を傷めて、建物の耐久年数を短縮させてしまう可能性が高まります。割れた部分から下にある防水層まで浸水する機会が増えて防水層の材料劣化が早まります。施工を頼むのは、地元の業者であれば値段の相談もできるだろう。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ