雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 屋根修理と屋根葺き替えの違い

屋根修理と屋根葺き替えの違い

雨漏り修理の施工方法として屋根修理と屋根葺き替えがあります

雨漏り修理の方法としてまずは必要な施工となるのが屋根の修理です。屋根の修理にはそれぞれの住宅の屋根材に合わせて適切な方法で行うことで、雨漏り対策にも効果的で長寿命な屋根となります。屋根を修理する、リフォームするとなった時に出てくる言葉に「屋根葺き替え」があります。この葺き替えは屋根修理とはどのような違いがあるのでしょう。どちらも雨漏りの修理として用いられる施工ですが、方法や費用の違いについてご紹介します。

屋根修理と屋根葺き替え、工法としての違いとは

屋根修理とは、部分補修、塗装、カバー工法などの総称になります。部分補修は言葉の通り雨漏りがしている部分、損傷のある部分のみを瓦の取り換えなどにより修繕する方法です。比較的早い工期で修繕が終わり、雨漏りを迅速に修理することができます。塗装はスレート屋根や金属屋根に施される工法で、防水性のある塗料を屋根全体もしくは一部に塗装します。カバー工法はガルバリウム鋼板を用いた金属屋根を既存の屋根の上からすっぽりとかぶせる工法です。そして屋根葺き替えですが、既存の屋根材を剥がし、新しい屋根材を葺き直す工事となります。瓦だけでなく内部の防水シートも交換するため全体を刷新する形になります。

費用や耐久性をポイントに工法を考えてみましょう

屋根修理は特に部分的な修繕の場合、費用は低く抑えられる場合があります。ただし、施工が部分的であっても足場を組む必要があるとその費用がかかりますので見積りの際に確認しましょう。また、塗装は屋根の広さと使用する塗料によって費用に幅があります。高額な塗料ですと耐用年数は長くなりますが、費用も高額になります。カバー工法は屋根全体を葺き替え工事より低価格で修繕することができますが、二重に重量がかかることで住宅を支える基礎部分に負担が大きくなります。また、瓦屋根には向いていない場合もあります。屋根葺き替えは全体としての大掛かりな施工となるため費用は高額になります。しかし、軽量で耐久性の高い瓦に替えることで長く雨漏りなどのない美しい屋根にすることが可能です。費用と効果はそれぞれ違い、どれが一番良いのかは一概には言えません。予算と現在の屋根の状況に合わせて工務店などに相談しましょう。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ