雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 修理するまでの応急処置

修理するまでの応急処置

応急修理に必要な用具3点

急な雨漏り!まずは落ち着いて応急修理を行いましょう。雨漏りは漏水箇所だけでなく、住宅全体にダメージを与える恐れがあります。住宅被害を食い止めるためにも、まずは落ち着いて応急修理をする必要があるのです。

【まずは応急修理に必要な用具を用意しましょう】
作業時に慌てないように、まずは必要な用具を用意しましょう。ご家庭でも用意できる主な用具は以下の3点です。
➀バケツ
洗面所などにあるバケツは垂れ落ちる水を食い止めるために必要です。その他にも、キッチンの大型の鍋や深皿などでも代用が可能です。
➁ビニールシート
漏水箇所周りを養生するために使用します。レジャー用のシートなどを使います。代用品としては、家庭用ごみ袋をハサミで切り開いた物などが挙げられます。
➂雑巾
漏水箇所が住宅の壁面などの場合、雑巾で浸水を防ぐことが可能です。雑巾をビニールシートなどで固定し、漏水箇所に張り付けて使用しましょう。

以上の3つの用具をそろえたら、いざ応急処置を施します。漏水箇所を塞ぎ、浸水を防ぎましょう!

応急修理の2つの注意点

いざ応急修理!でも少し待ってください。応急修理をされる際にはいくつか注意事項があります。応急修理の際の注意事項についても改めて確認しておきましょう。
➀高所には登らない
雨漏りの時は当然ですが、悪天候時に起こります。そのため、はしごなどで直接屋外にある屋根部分や壁面部分の応急処置をすることはやめましょう。雨風によって滑ったり、落下してしまうリスクがあります。身体あっての物種ですから、まずは安全の確保が重要です。

➁住宅を傷つけない
応急処置の際に、漏水箇所に直接何かを働きかけるのは極力避けましょう。なぜなら、漏水箇所が悪化してしまうリスクがあるからです。応急処置の基本は「被せる」こと。ビニールで覆うことや、バケツで覆うことが重要です。

応急修理をした後は…

応急修理を行った後は、雨漏り修理の専門家の到着を待ちましょう。雨漏りには様々な原因があり、また原因が1つとは限りません。きちんと雨漏り調査を行い、雨漏りの再発防止を行うことが重要になるでしょう。注意点でも述べました通り、悪天候時に雨漏りの修理を行うことは難しく、晴天時を待つことも少なくありません。住宅をきちんと保護して、被害の拡大を防ぐ必要があるのです。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ