雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ ガラスが破損しているときの応急処置方法

ガラスが破損しているときの応急処置方法

普段は雨漏りしないのに突然起きる雨漏り

普段の雨では雨漏りしたことが無いのに、ある日突然、雨漏りが始まってしまうというのはよくあることです。では、何が原因かというと、降雨量がポイントになってきます。つまり、大雨の時だけ雨漏りしてしまう、ということがあるのです。なぜ、大雨の時だけ雨漏りしてしまうのか、詳しく見ていきましょう。

大雨だと何が違うの?

雨が降ると、屋根の上には大量の雨水が降り注ぎます。屋根の素材は水をよく弾き、傾斜によりそれらが屋根の上にとどまらず、スムーズに流れるようになっています。多少の雨なら、もし瓦屋根にひび割れがあったり、スレート屋根に穴が開いていても、そこから家屋内に水が侵入しきれないのです。しかし、大雨の時は、どうしても屋根の上に雨水が滞留する時間が長くなるとともに、雨水の量が増えがちです。そうなると、ひび割れなどに常に水が供給される形になり、雨漏りが発生してしまいます。また、雨樋の詰まりも、大雨の時の雨漏りの原因になる場合があります。雨樋には雨水の他に、風で飛ばされた木の葉やゴミが入り込み、詰まってしまうことがあります。流れが悪くなると、雨樋には水が溢れ、それが軒下などに流れ、壁と屋根の継ぎ目などに入り込み、雨漏りを引き起こす場合があります。外壁塗装の劣化によるひび割れも、屋上やバルコニー防水の劣化も、室内への雨漏りにつながります。

日頃のチェックが必要です

大雨による雨漏りは、時々しか起きないのでどうしても見逃しがちです。また、偶然何かの拍子に水がこぼれただけかもしれないと思うかもしれません。もし、雨漏りしているかもしれないと気づいた時は、天気予報などを見て、雨の日に注意して見ることが、雨漏りの早期発見につながります。特に天気予報で大雨が降るとわかっている時や、台風が近づいている時は、念入りに見ておくと良いでしょう。天井部分からだけでなく、外壁塗装の劣化が原因の雨漏りは壁伝いに被害が発生することもありますので、家具の裏側などもチェックするのがおすすめです。もし、そうして雨漏りが見つかった場合、早めに雨漏り修理業者にご相談されて、雨漏り修理や雨樋清掃などの対応をしてもらうと、被害を最小限に抑えることができるかもしれません。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ