雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 瓦屋根のメンテナンスで雨漏り防止

瓦屋根のメンテナンスで雨漏り防止

瓦屋根は長く使えますがメンテナンスが欠かせません

今ではおしゃれなスレート屋根が増えてきたので減ってきたものの、日本家屋の基本とも言える瓦屋根は、見た目にも重厚感があり、日本らしさのあふれる屋根の種類と言えます。また、風雨に晒され四季の変化の激しい日本においては、瓦は雨漏りに強く、大変長持ちすることで知られており、近年新建材などを利用した様々な屋根の種類があるにも関わらず、瓦屋根は愛され続けています。しかし、瓦屋根が長持ちするには、それなりのメンテナンスが欠かせません。

メンテナンスで注意する点

1.瓦のずれ・浮きに注意
瓦は重たいものですが、台風などの強風により元々の場所からずれたり、飛来物によって割れてしまう場合があります。瓦は本来水に強く、表面の水分は流れていくのですが、割れたりズレた部分からは水が染み込んでいくことが考えられ、これが雨漏りのもとになっているのです。ずれを修正し、割れた瓦は新しいものへと交換が必要になります。
2.漆喰の劣化
漆喰は屋根瓦と屋根瓦をつなぎとめる接着剤のような役目を果たすと同時に、雨水が瓦屋根同士の隙間から入らないようにする防水材の役目も負っています。こちらはある程度の年数が経つごとに劣化が進んでいき、最終的にはボロボロに崩れてしまうことがあります。こうなると屋根瓦を止める機能も、防水機能も失われた状態と言えます。
3.塗装の剥がれは無いか
屋根材にも様々な種類があり、瓦もその一つですが、瓦自体も素材などにより更に細分化することが可能です。特にその中でもセメント瓦を使用されている場合は、通常表面に塗装をされているので、塗膜の劣化がないかどうかもしっかりと見ておくことが重要です。

プロに任せるのがおすすめです

瓦屋根のメンテナンスは一見してどうすればいいかわかりにくい部分もあります。瓦がまだ使えるのか、漆喰を塗るときの手順やセメント瓦への塗装方法などはもちろんのこと、高所作業になることが考えられますので万が一の怪我などの危険もあります。そこでおすすめしたいのが瓦屋根の工事をはじめとするメンテナンスをプロに委託するということです。屋根材に応じた修繕手順などを熟知しており、安全に配慮して作業を行なってくれることが期待できます。
長く瓦屋根を使うためにも、瓦屋根の工事をしなければと考えている方は一度ご検討されることをおすすめします。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ