雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 台風が通り過ぎた後の雨漏りにご用心

台風が通り過ぎた後の雨漏りにご用心

台風に備えましょう!

日本には毎年いくつもの台風が上陸します。台風は大雨や強風によって、建築物に多大な損害を与えます。もちろん、そのような環境に耐えられるように建てられていますが、それでもいつかはトラブルが発生します。中でも代表的なものは雨漏りで、雨漏りの原因としても台風は厄介な存在です。可能なら、台風シーズンに入る前に台風対策を講じるようにしてください。

台風が通り過ぎた後は速やかにチェックを

無事に台風が通り過ぎたとしても、安心してはいけません。台風の爪痕が残されている恐れがあります。状況によっては速やかな雨漏り修理が必要になりますので、台風の対策は通り過ぎた後も含めてお考えください。

・室内の確認
天井や壁のクロスにシミが発生したり、ぶかぶかに波打ったりしている場合は、既に雨漏りが発生しています。速やかな雨漏り修理が必要です。

・屋根の確認
強風や飛散物によって、屋根材が損傷しているかもしれません。屋根材のひび割れや落下、棟板金の浮き、漆喰のひび割れなどが代表的です。その隙間から雨漏りの原因になることもあり、必要に応じて屋根の工事も行う事があります。

・外壁の確認
壁紙にシミが発生していた場合、外壁から雨漏りが発生している確率が高いです。塗装やシーリング材の劣化、飛散物の衝突によって傷が付いている場合、それが外壁からの雨漏りの原因になります。時にはこのように、屋根の工事以外も必要になります。

台風対策は慌てずに

雨漏りの被害が大きくならないように速やかに雨漏りの修理を依頼する必要があります。しかし、焦ってはいけません。台風は広範囲に被害を及ぼすため、同じように雨漏り修理を依頼している家庭も多く出てくるでしょう。そのため、雨漏り修理業者には数多くの依頼が寄せられ、すぐに雨漏り修理を受け付けてもらえない事があります。雨漏りが心配でしたら、事前に予約を取っておくとスムーズに作業してもらえるでしょう。
また、火災保険に含まれる「風災補償」は、台風による被害も補償の対象になっています。高額になることがある屋根工事も、補償を受けることで施工費用を大きく削減する事ができるのです。雨漏りの対策は速やかに行うに越した事はありませんが、慌てすぎてもいけないのです。台風が接近している時は、このような事を覚えて、落ち着いて行動してください。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ