雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 瓦屋根は定期的なメンテナンスが必要です

瓦屋根は定期的なメンテナンスが必要です

その瓦屋根は大丈夫ですか?

自分のお家をお持ちの方にとって、雨漏りは天敵です。ただの雨水とはいえ、雨漏り対策を行わなければ建物内部が湿り気を帯び、シロアリやカビ、木材腐朽菌の発生を促してしまうのです。そのような被害に遭わないために、雨漏り対策は必須です。
しかし、屋根の種類によっても対策が異なる点にご注意ください。屋根の種類にはスレート屋根や金属屋根などがありますが、今回は瓦屋根に注目していきます。瓦の種類には金属瓦やセメント瓦などがありますが、一般的には粘土瓦の事を指します。屋根を修理する際には、どのような瓦屋根なのか調べておくと良いでしょう。

瓦屋根から雨漏りが発生する原因

瓦屋根は耐久性の高さが長所ですが、それでも雨漏り対策は必須です。具体的には、どのような原因によって雨漏りが発生するのでしょうか。

・棟瓦の歪み
棟瓦とは、瓦屋根の頂上の瓦です。ここは最も風雨の影響を強く受ける場所ですので、それだけ傷みが進行しやすいです。
棟瓦そのものの劣化だけでなく、そこに多く使用されている漆喰の劣化も雨漏りの原因となります。漆喰が崩れますと、その亀裂から雨水が入り込みますし、瓦がズレやすくなってしまいます。最悪の場合、瓦が落下してしまいます。

・瓦の破損やズレ
頑丈な瓦も、飛散物が衝突しますと割れることがあります。その亀裂が、雨水浸入を許してしまうのです。棟瓦の場合と同様に、瓦のズレも雨漏りと落下の原因になります。ズレてしまった瓦は他の瓦を傷めてしまうので、迅速な対策が必要です。

屋根修理はお任せください

ほぼメンテナンスフリーの瓦屋根ですが、最低でも瓦のズレと漆喰の劣化だけは定期的に修復する必要があります。しかし、屋根修理は簡単な事ではありません。高所作業は身の危険を伴いますし、人が乗ることで屋根が傷んでしまう事もあるのです。
そのため、屋根の修理に関してその分野に強い施工業者に依頼するのが一番です。比較的容易な漆喰の詰め直しから、大がかりな屋根葺き替え工事まで幅広く対応していますので、雨漏り対策の強い味方になってくれます。 一見すると非常に頑丈な瓦屋根ですが、それでも漆喰の劣化や、割れやすいという欠点があります。時には屋根の上を点検する事が望ましいですが、前述のように屋根に上る事は危険を伴います。定期的な点検、万が一の瓦屋根修理は、業者の方にお任せするのが一番でしょう。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ