雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 雪が雨漏りの原因になることがあります

雪が雨漏りの原因になることがあります

冬季ならではの雨漏りがあります

雨が降る限り、雨漏りは年中発生する恐れがあります。屋根が傷んでいれば、その隙間から雨水が浸入することがあります。風が強ければ、外壁から雨漏りが発生する事もあります。一口に雨漏りと言っても、雨漏りの原因はいくつもあるのです。
雨漏りの原因の中には、冬季特有の原因もあります。それは、積雪によるものです。積雪の少ない地方では対策が行われていない事も多いですので、充分に注意するようにしてください。

『すが漏れ』の発生に注意を

積雪による雨漏りの代名詞ともいえるのが「すが漏れ」です。「すが」とは東北地方の方言で「氷」を意味します。ここでは、すが漏れについてご説明いたします。
屋根に雪が積もりますと、屋根に近い雪は屋内からの熱が伝わることで融けて水になります。その水の一部は凍って氷柱(つらら)になり、融けた水が流れ出すのをせき止めてしまいます。その水が屋根材の隙間や外壁を伝って、雨漏りしてしまうのです。特に要注意なのは天窓が設置されている屋根です。劣化したコーキングの隙間から漏水しやすく、天窓は雨漏りに弱いと言われているのです。
それでは、どのような対策を講じれば良いのでしょうか。雨漏り修理をDIYで行う事は危険ですので、事前に予防策を講じることがおすすめです。前述のように屋内からの熱が雨漏りの原因ですので、雪を融かさないように断熱材を追加しておくと良いでしょう。また、雪が積もらないようにヒーターを設置したり、小まめに雪下ろしをおこなったりといった対策もあります。天窓の雨漏りについてはコーキング剤を打ち直したり、屋根ごとリフォームするといった方法も考えられます。

危険な作業は業者にお任せください

雨漏りは次第に被害を広げていきますので、雨漏りの応急処置の方法だけでも覚えておくと良いでしょう。しかし、高所作業の雨漏り修理のDIYは危険を伴います。雪が積もっているとなれば尚更ですし、雨漏りの応急処置も困難になります。
雨漏りを解決するためには、雨漏り修理の方法を熟知した修理業者に依頼するようにしてください。プロに依頼することで、雨漏りの原因を特定し、速やかに解決に当たってくれます。特に積雪の多い地域の業者なら、すが漏れによる雨漏りの修理方法も心得ている事でしょう。「冬になると雨漏りが頻発する」そのような場合は、一度屋根の点検、雨漏り修理をご依頼ください。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ