雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 意外な盲点。ベランダからの雨漏りについて

意外な盲点。ベランダからの雨漏りについて

雨漏りの原因は屋根だけではありません

雨漏りというと屋根裏に水が染み込んで屋根裏にカビ、天井にカビなどを発生させるものかと思われているかもしれません。
しかし原因は他にもあります。天井の他では外壁というのもありますが、意外なところではベランダから雨漏りをすることもあるのです。ベランダ以外はバルコニーが原因になることもあります。
ではどういった理由でベランダ、バルコニーから雨漏りをするのでしょうか。原因と雨漏り修理の対応について見ていきましょう。
もしも予防できるのであれば雨漏りの修理費用を節約できるかもしれません。

どうしてベランダから雨漏りをするのか

・ベランダの床を見てみよう
原因がベランダにある場合ですと、まずは床部分を確認します。ベランダやバルコニーの床には基本的にウレタンの防水かFRPでの防水が施されています。
この防水塗料が経年劣化を起こし、ひび割れを起こしているのです。水はそこから入り込みます。特にバルコニーは下の階の屋根の上に作られていることが多いですので、雨漏りを起こす可能性は高いです。

・防水シートの劣化
屋上などに敷くことの多いこのシートですが、ベランダやバルコニーの床に使われていることもあります。ここが劣化して亀裂、穴ができて雨水を通してしまうのです。

・壁面の劣化
ベランダの外壁からの水漏れもあります。屋根や他の部分の外壁と同じように自然環境に晒されており、経年劣化の影響はどうしても受けてしまうのです。経年劣化による雨漏りの修理費用は回避できませんので、できるだけ早めに何とかしたいものです。

・排水口の詰まり
ベランダに振り込んだ雨などを流すための排水口に、舞い込んできた落ち葉やホコリ、ゴミなどによってそこが詰まってしまい、水が流れずにベランダに溜まり、結果的に床や壁に侵入してしまうのです。

・勾配の異常
通常、ベランダには水が流れやすいように少し床に勾配が付けてあります。しかしこの勾配がしっかり設計されていないと途中で水溜りになってしまい、そこから雨水侵入を起こしてしまうのです。

ベランダの雨漏りを防ぐには

もしもベランダ、バルコニーでの雨漏りを防ぎたいのでしたら定期的に掃除をしてあげると良いでしょう。
雨漏りと何の関係があるのかと思われているかもしれませんが、まず掃除をしてあげることで排水口の詰まりを防ぐことができます。特にガーデニングなどをやっている方は、土や落ち葉が溜まりやすいですので注意しましょう。
これだけではなく、掃除をしてあげることで防水塗料の剥がれなどにも気がつき、すぐに雨漏り修理をすることができるのです。
もし剥がれているのであれば塗り直し、吸水シートなどのシートの敷き直しなどをして、ベランダの雨漏りもしっかりと防ぎましょう。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ