雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ ここに注意!雨漏りしてることに気がつくためのポイント

ここに注意!雨漏りしてることに気がつくためのポイント

初期に気づけばダメージも少ない

雨漏りは、少しずつお家を蝕み、やがて無視できないダメージを与えてきます。
長期間に渡るダメージを回避するには、雨漏りが始まったと判定した時点で何らかの対策を打つのが一番なのですが、実際に何処を見れば良いのかわからないという方も多いでしょう。
ここでは雨漏りをできるだけ早期に発見して雨漏り修理を行なうためのポイントについて見ていきます。

室内で注視するポイント

・壁紙が濡れていないか
屋根や外壁から浸入してきた雨水は、柱や壁を伝って室内側に入り込んでくる場合があります。雨漏りというとポタポタと天井付近から雨水が垂れてくるイメージがありますが、実際にはこのようにいろいろな屋根材や場所を伝わって雨漏りする場合もあります。

・窓周辺の確認
サッシ周辺は、特に冬の時期は結露で濡れていることがありますが、それ以外の時期に濡れている時は、雨漏りにより濡れていることがあります。
また、天窓の周囲やその下も確認しておきましょう。天窓の密閉が悪いと、サッシの隙間や、ガラスのグレージング部分から雨漏りする場合があります。

・天井にシミが出来た
屋根から2階の天井などに直に雨漏りしている場合、該当箇所の天井板にシミが出来る場合があります。その真上だけでなく、屋根材などから伝い漏れしている場合もあるので、屋根裏の調査が必要になるかもしれません。
また、1階の天井が濡れている場合は、外壁部からの雨漏りが伝ってきている場合も考えられます。

室外で注視するポイント

・外壁にひび割れが無いか
外壁のひび割れは、そこから雨水が沁み込む原因になりますので、外壁塗装などを行い塞ぐ必要があります。家の周りを見てみて、塗装が剥がれていたり、チョーキングしていないかをチェックしてみましょう。サイディング目地も要注意です。雨漏り修理というと屋根ばかりを注目しがちですが、外壁部の雨漏りも意外と多いそうです。

・屋根や雨樋に壊れている部分はないか
瓦がズレていたり、トタン屋根などでさびが酷いと、そこから雨漏りしている恐れがあります。また、雨樋が壊れていたり、詰まりがあると溜まった水が軒下や外壁のひび割れなどから雨漏りすることがありますので、要注意です。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ