雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ モルタル壁の雨漏り修理について

モルタル壁の雨漏り修理について

雨漏りは壁からも発生します

「雨漏りは屋根から発生するもの」そのようなイメージをお持ちではないでしょうか。確かに屋根は、屋根材のずれやひび割れ、経年劣化によって雨漏りが発生することが多いです。最も雨漏り修理が必要な場所に違いありませんが、壁からも雨漏りが発生するということも覚えておきましょう。
一口に壁と言っても様々な壁がありますが、ここではモルタル壁についてご説明いたします。モルタル壁は日本の住宅にも数多く利用されていますが、雨漏りに対して特別強いわけではありません。

モルタル壁の雨漏り原因

それでは、どのような原因で雨漏りが発生するのでしょうか。
多くの場合、それは経年劣化が原因になっています。時間の経過とともに壁の塗装は剥がれ、壁の補修が必要になります。以下のサインが見られるようになりましたら、壁の補修をご検討されたほうがよろしいでしょう。

▼色あせ
経年劣化によって、壁の塗装が劣化し、色あせが発生します。もしも壁を触った際に白い粉が付着した場合、塗料の寿命と考えられます。壁の再塗装をしなければ、やがてひび割れが発生するおそれがあります。

▼苔・藻の発生
苔や藻が発生しているということは、壁の表面に水分が付着しているという証拠になります。このような汚れはさらに水分の付着を促進しますので、早めに落とす必要があります。

▼クラックの発生
クラックとはひび割れのことで、そこから雨水が浸入してしまいます。外壁のコーキングをすることによって応急処置になりますが、根本的な解決にはならないため、雨漏り修理が必要になります。

雨漏り修理の方法

モルタル壁の補修を怠っていますと、やがて深刻な雨漏り被害が発生するでしょう。そのため、上記のようなサインが発生しましたら、速やかに雨漏り修理を行うようにしましょう。

▼防水剤の散布
防水材を散布することによって、モルタル壁に耐水性を持たせることができます。施工の際には表面の汚れを落とし、乾燥した後に防水剤を散布します。ただし、外壁全体の塗装が劣化していると考えられるため、早めに外壁塗装業者にご相談したほうがいいかもしれません。

▼パテを盛る
クラックが発生している場合、その箇所をパテで埋めてしまう方法もあります。施工では、まず表面と内部の汚れを落とし、そこにパテを充填します。それをヘラなどで平らに均し、最後に塗装を行います。
難しい場合は、外壁用のコーキングで充填するという方法もあります。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ