雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 外壁サイディングの雨漏りは早めの対処がおすすめです

外壁サイディングの雨漏りは早めの対処がおすすめです

雨漏りは屋根からだけではない

屋これから梅雨の季節を迎えるにあって、雨漏りを心配している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。建物の経年劣化によってわずかな隙間が生じてしまい、雨漏りに発展してしまうケースがあります。また、どこの場所で雨漏りしているかわからないけれど音だけがうるさく聞こえるといったケースもあります。雨漏りは、雨に一番さらされている屋根からだろうと考えていらっしゃる方も多いと思いますが、外壁からの雨漏りは多いのです。雨漏りは放置してしまうと、家の内部をどんどん伝い、柱などを腐食させてしまう可能性があります。外壁が経年劣化をしている場合には、早めに修理をおすすめします。

サイディング壁は耐用年数に注意

雨漏り対策に重要なものの一つに、外壁があります。外壁の素材にはどんなものがあるかというと、少し前まではモルタルが多く使われていたようです。モルタル壁は比較的耐候性に優れているという利点もありますが、施工や時間に時間がかかります。そして欠点としては、ひびが入りやすいという性質があるようです。放置しておけば雨漏りにつながりかねませんので、修理が必要ですね。モルタルより新しいサイディングと呼ばれる素材はどうでしょうか。サイディング壁は、板状のものを細かく張っていく作業で作られます。そのため施工時間が短く材料費や工費を抑えられます。そしてモルタルと同じように火に強いというメリットを備えています。さらに軽量で耐久性に優れているのです。サイディング壁でよかったと思われている方も、安心できない点があります。耐用年数を過ぎている場合は、すぐに塗装の修繕を検討した方がいい素材です。サイディングの基材は吸水性があるのです。そのため肝心の防水機能は塗膜によるコーキングが一身にになっていることになります。サイディングの耐用年数は7~8年です。雨漏りさせないためには、7年~8年を目安に塗装などを行はなくてはなりません。サイディングボードが反り返っている、触ると白い粉が付く状態は、防水効果が切れたサインだとみていいでしょう。防水効果が切れたということは、壁全体が雨漏り要因になりかねないということです。外壁の素材の特徴を知り、耐用年数には注意を払いたいものです。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ