雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 屋上からの雨漏りに要注意

屋上からの雨漏りに要注意

雨漏りが起きる理由

雨の多い季節ですが、この時期に雨漏り修理を頼んだという経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。そもそも、屋根からの雨漏りはなぜ起きるのでしょうか。いろいろな原因がある中でまず考えられるのが、建物を建てる際に選ばれた素材の選択が適していなかった、というものがあります。建物は建てる前に、公共機関の承認が必要です。しかし、この承認は防火上の性能や耐震性に関する基準はありますが、防水に性能に関するはっきりとしたガイドラインがないため、施工を行う会社の素材選択に頼ることになってしまいがちなのです。また素材などには問題がないものの、施工上の手順などに問題があり雨漏りが起きてしまうこともあります。

防ぐことが難しい要因

そのなかで雨漏りの原因の大きな要因のひとつが、年数による建物の劣化です。基本的に、建物には防水機能を保持するための素材が使用されますが、その多くは10年、もしくはそれ以下で劣化が進むため、新築当時は問題がなかったものの、時間がたって起こる雨漏りはこの防水建材の劣化が理由で起こることが多いようです。
避けることが難しい劣化による漏水ですが、雨漏り修理の工事を行うときは、再び素材劣化による雨漏りを起こりにくくするためにも、耐久性のある修理材料を選んで行うことも重要でしょう。

屋根の形状もひとつの要因

また近年、陸屋根という傾斜が少なく、水平に近い屋根を持つ建物が増加傾向にあります。フラットルーフとも呼ばれる、屋上タイプの屋根を持つ建物は、屋上としてスペースを有効活用できるため、ガーデニングや洗濯物を干すための場所、また憩いのスペースとして使えるなどのメリットがあり、さらに都会的なイメージもあるので、建築タイプを選ぶ際の、ひとつの選択肢として人気が出てきています。しかし、陸屋根の構造の特徴として、屋上雨水を流すために必要な屋根の傾きが少ないため、雨漏りのリスクが高まる傾向があるので、購入の際や建設の際にはその点を考慮に入れ、素材などを選びたいものです。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ