雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ ゲリラ豪雨で雨漏り?普段雨漏りしない家でも警戒しましょう

ゲリラ豪雨で雨漏り?普段雨漏りしない家でも警戒しましょう

コーキングの劣化による雨漏り

台風やゲリラ豪雨など、強い雨のときだけ雨漏りしてしまう家があります。そういった場合は余程のことがない限り原因は絞られてくるといわれています。
まず最初に疑うべきはコーキングの劣化です。コーキングは窓枠やサッシ周り、外壁のつなぎ目などに使用されているもので、劣化するとひび割れや剥離をしてしまい、その部分から雨水が侵入して雨漏りに繋がります。
そのため雨漏りが起きたときは1度コーキングの状態を確認し、問題があれば修理しましょう。

外壁のひび割れによる雨漏り

外壁のひび割れも原因になります。台風などの強風で普通の雨では当たらない壁にも雨が当たることで雨水が侵入してしまうのが原因の1つです。そのため外壁のひび割れなどができてしまった場合は早急に外壁塗装や修理などの対応が求められます。
外壁の素材はものによって変わりますが、10年に1度は外壁塗装しなければ劣化の進行が速くなってしまうといわれているので、定期的なメンテナンスが必要になります。
また雨樋の劣化も関係してきます。雨樋は屋根の雨水から外壁を守る役目があるので、この雨樋が壊れていると外壁の劣化も早めてしまい、結果雨漏りに繋がります。そうならないために雨樋のメンテナンスもしっかりとしましょう。

屋根からの雨漏り

外壁と同様に屋根も10年に1度は塗装したほうがいいといわれていますが、そのほかに気をつけておかないと雨漏りの原因に繋がってしまうのは屋根材です。
屋根材と言っても幅広く、元の屋根木から一番上の瓦などのことを言います。その中で雨漏りから家を守ってくれているのがルーフィングと呼ばれる防水シートです。このルーフィングが劣化してしまうことで原因になることがあります。
こちらも物によって寿命は違いますが、大体15年ほどといわれていて、それまでの交換が雨漏り防止になると思います。雨漏りは原因特定が難しいと言われ、上記以外の原因もありますので、注意が必要です。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ