雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 意外と見落としがちな【窓】の雨漏り対策

意外と見落としがちな【窓】の雨漏り対策

雨漏りは天井や壁からだけではありません

雨漏りと聞いて、天井からポタポタと垂れる水滴をイメージする方も多いのではないでしょうか。
雨漏りは原因によってさまざまな場所で発生します。天井はもちろんのこと、壁に入った亀裂からお家の中へ水が染み出してくるといったケースもめずらしくはありません。
なかでも、意外に見落とされがちなのが窓からの雨漏りです。
窓にはもともと、サッシとのごく小さな隙間から雨水が染み出してこないように設計上の工夫がされています。
「雨仕舞い」と呼ばれている雨止め施工の建て付けが悪かったり、物理的な破損や経年によって劣化した場合に、窓から雨漏りが発生する可能性があります。
雨漏りの原因を適切に把握するためにも、まずは雨仕舞いとは一体何なのかについてご説明したいと思います。

防水と雨仕舞い

水の侵入を防ぐ防水処理と雨仕舞いはしばしば混同されがちですが、建築用語としてはまったく別の概念です。
防水処理は、水を内部へ侵入させないよう、隙間を塞いで水を弾くことを意味しています。
対する雨仕舞いは、水はけを良くすることで別の場所へ雨を受け流し、雨漏りを防ぐ施工のことです。
例えば屋根やベランダの端に雨どいを設置して、溜まった雨を速やかに排水することは雨仕舞いの一種ですし、窓の上部についた小さな庇も隙間から雨が侵入することを防ぐ雨仕舞いです。
雨仕舞いの目的は水がしみ込まないようにすることよりも、その場所を雨に濡れにくくすることにあるのです。

定期的なチェックをしましょう

窓から雨漏りが発生する理由として最も可能性が高いのが、雨仕舞いの不具合によってサッシと窓の間に雨が降り込むことだと言われています。
排水がうまくいっていないと、サッシに雨水が溜まってしまい、毛細管現象によって水がお部屋の中に入ってくることがあります。
雨どいや排水溝に異物が詰まっているなどして排水不良が起きていないか、日ごろから点検しておき、調子が悪いなら修理や調整を行うことが大切です。
他にも、サッシと壁との隙間を埋めているコーキング剤が劣化してひび割れていると、そこから雨水が侵入して室内の窓際を濡らす可能性があります。
お家に降った雨がどこをどう伝って処理されていくのかを把握しておくと、雨漏りが起きたときに修理すべき箇所を特定するのに役立つかもしれません。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ