雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ こんな時どうする?急な雨漏りへの対処方法

こんな時どうする?急な雨漏りへの対処方法

どうして雨漏りは起こる?

雨漏りに対処するためには、最初に雨漏りの原因を探す必要があります。
雨漏りの原因として一番多いのは、屋根に水の入るような隙間ができている場合です。突風などで屋根の一部がずれている、防水シートに穴が開いていることなどが考えられます。特にトタン屋根の雨漏りは、サビによって穴が開いていることが多いようです。
外壁からの雨漏りも意外に多く、ひびや防水性の低下など、水が入ることの隙間があれば雨水は容易に侵入してきます。
特に地震は家全体に歪みを生むため、間接的な原因としては大きいとされています。
その他の原因として、雨どいの詰まりやサッシのパッキンの劣化などが考えられます。新築の雨漏りの場合は施工不良を疑う必要もあるでしょう。

雨漏りへの対処方法

まずは雨漏りによる被害を抑えるのが第一です。天井から雨水が垂れてきている場合はバケツなどを使い、その水を受けられるよ
うにしてください。この際、雨水が床にはねることがあるので雑巾や新聞紙など、捨ててしまってもよくかつ水分を受けられるようなものを敷くようにしてください。
雨が止んだ後、どこから雨水が侵入してきたかを特定して対処する方法があります。天井の上に屋根やベランダがあるのなら、そこから侵入してきたと考えるのが自 然でしょう。それ以外の場合、外壁からの侵入を疑ってみましょう。
雨水の侵入元が見つかれば、そこを塞ぐことが大切です。屋根であればブルーシートをかける方法がありますし、場所が特定できるのであれば雨漏りスプレーや防水 テープなどを使ってその隙間を塞ぐことができます。

あくまでも応急処置

こうした対処はあくまで応急処置です。もちろん応急処置をしなければさらに家を傷めてしまうことになりますが、それだけで安心せず本格的な修理も 考えてください。穴を塞ぐためのシーリング剤なども市販されています。しかし穴を塞ぐことで雨水の流れが変わり、新たな雨漏りが始まるということもあります。その都 度対処して、屋根が汚くなってしまうということもあるでしょう。
経年劣化など、屋根全体を作り変えた方がいい場合もあります。トタン屋根の雨漏りの場合は一部を取り換えたりする必要があることも少なくありません。
本格的な補修の場合、火災保険の適用を受けられる場合があります。また新築の雨漏りの場合、住宅品質確保促進法で10年間は無料で補修してもらう権利があります。一 度相談してみることが必要になってくるでしょう。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ