雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 瓦の修理

瓦の修理

これは粘土を焼きあげて作られるもので、非常に耐久性が強く日本の家の屋根として昔から現在まで長くに渡り愛用され続けています。この素材は、夏涼しく冬温かくなる効果があり、高温多湿の日本の風土に適した素材です。ただ、これは陶器ですので非常に重く、それをしっかりと支えられる木材が必要になってきます。水はけを良くするため、ある程度の勾配も必要になります。
また、瓦の修理を定期的にすることが必要です。定期的に処置をしなくてもある程度の年数は持ちますが、手入れを丁寧に行っていれば、長くて1000年はもつと言われている程です。瓦の修理は、通常2、3年に一度行うのが良いとされています。
瓦の修理や点検が必要な場合は、角にある棟が崩れてしまった時や、欠けてしまっていたり、ひびが入っていたりする場合です。棟が崩れてしまっているとそこから雨が入り込みますし、ひびが深いとそこから雨が侵入し、防水材を悪くしてしまう原因にもなりかねません。ちょっとでも変化があった場合は、一度検査してもらうことをお勧めします。
また、瓦の修理が確実に必要な場合は、割れた場合、ずれてしまっている場合、間がはがれてしまっている場合、そして、10年以上メンテナンスをしていないような場合です。このような場合は、部分的に葺き替えるか、酷い場合は全面を葺き変える必要が出てきます。瓦の修理を定期的に行わないと、部分的な修繕で済んだところが、全面の瓦の修理をしなければならなくなったりしますので、経済的にも負担が大きくなります。面倒くさがっていたことが、逆にもっと面倒でもっと大変なことになってしまいますので、専門業者による定期的に瓦の修理をすることをお勧めします。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ