雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 雨漏り放置の二次被害?代表例をご紹介

雨漏り放置の二次被害?代表例をご紹介

雨漏りの二次被害

雨漏りを放置すると、雨が屋内に侵入してくるだけではなく、二次被害を引き起こしてしまう恐れもあります。今回は、どのような二次被害があるかをご紹介します。
二次被害には以下があります。
・家屋の木造部分の腐食
・シロアリの被害
・アレルギー等の人体への被害

雨漏りして湿度が高くなった状態が続くと、木造部分は腐食し始めてしまいます。家の土台となる柱や屋根裏の腐食は、日々の生活を脅かしてしまうかもしれません。最初は軽い腐食だとしても、天井裏で太陽の届かないジメジメとした状態が続いてしまうと、腐食はどんどん進行してしまいます。

また、シロアリ被害に関してですが、シロアリは雨などで湿気を帯びた木材を好物とします。腐食が進んだ上に、シロアリの餌食となった木造部分はボロボロになり、最悪の場合は建て替えやリフォームが必要になる恐れもあります。

雨漏りを放置した際の二次被害は、建物被害だけではありません。人体への影響も考えられます。雨漏りして湿気が高くなった場所にはカビが発生しやすくなります。カビの種類によってはアレルギー感染症の原因にもなり得ます。また、カビは臭いも引き起こすため、快適な生活を送れなくなる恐れもあります。

二次被害を防ぐための応急処置

少しでも、異変に気付いたら二次被害を拡大させないためにも、応急処置をしましょう。
応急処置としては、以下が挙げられます。
・ブルーシートを利用
・排水溝や雨どいを掃除する
屋根の広範囲にブルーシートをかぶせることで、雨の侵入を防ぎます。しかし悪天候のときに、バランスの悪い屋根上での作業は危険なので、注意が必要です。家の外側から応急処置できない場合は、家の中から雨漏り部分にブルーシートをかぶせるという方法もあります。また、排水溝や雨どいにゴミが詰まると、雨水が溢れてしまい雨漏りの原因となる恐れがあります。排水溝や雨どいに枯れ葉やゴミが詰まっていないかこまめに確認しましょう。雨漏りを発見したら、まずは以上に挙げたような対処方法を試してみましょう。

早期発見のためのチェックポイント

二次被害を防ぐためには、早期発見が必要です。では、どのような点に注意して雨漏りが起こっているかチェックすればよいのでしょうか。
以下がチェックのポイントです。
・天井や壁、床が濡れている
・壁紙が剥がれている
・壁紙・天井にシミがある
・壁紙・天井にカビが生えている
以上の点に少しでも気が付いたら、すぐに処置するようにしましょう。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ