雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 火災保険を使って雨漏りを修理する方法

火災保険を使って雨漏りを修理する方法

雨漏りに適用される火災保険とは

火災保険と聞くと落雷や風災、水災など、自然災害による被害でのみ適用されると思われるかもしれません。しかし、雨漏りに対してもこの保険が適用される可能性があるのです。雨漏りは水災保障ではなく、風災保障として適用されます。

雨漏りの原因は主に屋根や外壁の破損です。これらの被害は風災害により受けた場合が多いため、風災保障として扱われます。雨漏りのきっかけが豪雨や横殴りの雨であった場合は、原因が屋根や外壁の破損と認められ、火災保険の適用範囲となるのです。

火災保険が適用される雨漏りは、自然災害による被害を受けた場合のみです。経年劣化や老朽化が原因と判断された場合は適用されません。雨漏りを長期間放置しておくと、自然災害によるものだという立証がしにくくなります。そうなってしまうと経年劣化として判断され、適用対象外になりかねません。雨漏りの被害が発生した場合は、速やかに申請することが重要です。

保険金申請の手続き方法

1. 現地調査
火災保険の申請を行うことができるかを判断するために、屋根の現地調査を実施します。破損個所を撮影し、保険金の申請書を作成しておくと良いでしょう。
2.見積書の作成
現地調査の結果から修理に必要な費用の見積書を作成します。
3.保険会社へ申請手続き
保険会社指定の用紙が必要な場合は、保険会社に請求します。書類の記入や作成を済ませ、申請書を送付することで保険会社から確認の連絡をもらえます。
4.保険会社による申請内容の確認・鑑定
申請内容の確認を行うために、損害箇所の鑑定を行います。原因が自然災害によるものか、経年劣化によるものなのかを鑑定し、損額の算定なども行われます。
5.保険金の支払い
保険金の適用が認められた場合は、申請書の内容と鑑定結果から保険金額が決められ、口座へ振り込まれます。

まとめ

雨漏りの被害に遭った場合は、火災保険を使うことで修理を行うことが可能です。しかし、保険が適用されない場合もあるため注意してください。経年劣化と判断されないためにも、雨漏りが起きた場合は早急に対応することが重要です。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ