雨漏り修理のあれこれ

  • TOP
  • 雨漏り修理のあれこれ 家の雨漏り放置でダメージ拡大…考えられる被害とは

家の雨漏り放置でダメージ拡大…考えられる被害とは

雨漏りによる外部被害

家の雨漏りによる建物外部への被害には、以下のようなものがあります。

・木材の腐食
雨水の侵入によって、建築物の柱や梁となっている木材部分が腐敗します。木の中に水分があることが腐朽菌の繁殖につながってしまうこともあります。最悪のケース、天井が落ちる、建物が倒壊する、などといった事例もあるようです。

・金属の錆
ネジなどの金属部分が錆びることで徐々に腐食が広がっていくほか、鉄筋コンクリートの内部が錆びると建物自体の強度にも響いてきてしまい、思わぬ二次災害につながることがあります。

・土壁の劣化
内部に染み込んできた水分と反応し、天井や壁に染みができたり土壁が劣化しはじめたりします。湿気やカビの臭いを感じたら見えない部分で雨漏りが進行しているおそれが高いです。

内部で起こる被害

雨漏りによって家内部で引き起こる被害には、以下のようなものがあります。

・電気設備の漏電
雨水の侵入によって漏電が発生することがあります。漏電個所から発火する場合があるため注意が必要です。

・家具、家電の故障
天井からの水滴や壁面部分からの浸水によって、壁と接しているタンスや雨漏りを受けた電化製品の中に湿気が溜まってしまうと、衣類の損害や故障につながることがあります。

雨漏りによる二次被害

雨漏りによって起こる主な被害は外装のいたみですが、建物の強度が損なわれることによって人の住まいに危険が及ぶこともあります。

・健康被害
雨漏りによる湿気が蓄積してカビが発生した場合、アレルギー反応が起きることがあります。また、アレルギーではなくても生活空間に湿気やカビの臭いが充満していることによる不快感から、心身に慢性的なストレスがかかることが考えられます。

・害獣、害虫被害
湿気を好む害獣や害虫は多くいるため、雨漏りを放置することで害獣が寄り付きやすい環境を作ることになってしまいます。主に、シロアリ、ネズミ、ダニなどが誘き寄せられてしまうでしょう。どれも一度発生してしまうと完全駆除は簡単にはいかないため、寄せ付けない工夫が必要です。

雨漏り被害を抑えるためには

雨漏りによる被害は、外装、内部、健康などさまざまなものに及ぶことをわかっていただけたと思います。雨漏りをしていそうだな、おかしいな、と思ったとき、自分でカンタンに雨漏りを点検できる項目を用意したので、参考にしてください。

・家の雨漏りチェックシート
□天井や壁にシミやカビがある
□雨が降るとサッシ周りに水滴が溜まることがある
□室内がカビ臭い
□雨が強い日に天井裏からポタポタ水滴が落ちるような音がする
□床や家がきしむ音がする
□外壁の一部が変色している

やはり、家の雨漏りを防ぐためには定期的な雨漏り点検は欠かせません。快適な住まいと家族の健康を守りましょう。

雨漏り修理業者おすすめナビ一押し

おすすめ雨漏り修理110番

雨漏り修理110番

サイト名 雨漏り修理110番
URL http://amamori-a.com/
TEL 0120-251-699
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

雨漏り修理のあれこれ

ページの先頭へ